ジスロマックの副作用と服用時の注意点について

もしも性病に感染してしまった場合には、早期に対策をすることが大切です。
あまり痛みが感じられないからと性病を軽視して受診をせずにいると、徐々に病状を悪化させてしまいますので気をつけなければなりません。
そのまま放置している状態であれば、他の人に二次感染させることにも繋がりますので危険です。
しかし性病という関係上、病院で検査を受けることが恥ずかしいという人も少なくありません。
また仕事が忙しいなどの理由で病院に行くことが難しいという場合には、匿名で受けることのできる郵送の検査方法もあります。
自宅に居ながらにして検査を受けることが可能ですので、もしかしたらという可能性があるのでしたらすぐに行うことがおすすめです。
その方法は、ご自分で検体を採取しそれを検査を実施している施設に郵送するというだけの簡単な方法です。
恥ずかしいと感じている方だけでなく、病院が遠い場所にあり気軽に行くことが難しいという人でも手軽に利用できるために多くの支持を集めています。
まずは調べるための検体を採取するためのキットを通販で購入するところから始めます。
キットには、調べることのできる性病の種類があらかじめ定められています。
検体の採取に関しては血液や尿、女性の膣内分泌物などがあります。
血液の採取方法はランセットと呼ばれる血液採取器具が一般的ですので、それを利用して血液を採取することになります。
指先に針を刺して血液を出し、それを検査キットの専用の紙に染み込ませるという方法です。
針を刺す時に少しチクリとしますが、裁縫の時にうっかりと刺してしまうときと同程度の軽い痛みですので心配はありません。
尿検査の場合には一般的な容器に採取する方法、膣内分泌物の採取は綿棒状の採取器具でかき取るようにします。
いずれの方法も簡単で安心です。
採取した検体はそのまま郵送し、検査施設に到着後、精密に検査が行われた後に結果が報告される仕組みになっています。

保健所で受けられる性病の検査とは

性病の疑いがあるけれども、病院に行くのは恥ずかしいと感じたり、行く時間がないという人は多いです。
通販で検査キットを購入して自分で検査をするという方法も便利ですが、調べられる性病の数が増えれば増えるほど費用も高くなってしまいます。
そこで、保健所で検査を受けてみましょう。
保健所は都道府県によって扱いが異なるため、調べられる病気の種類も変わります。
HIV検査はすべての保健所で行うことが可能ですが、それ以外は場所によって異なるということを覚えておきましょう。
まず、多くの保健所で扱っているのはクラミジアです。
最近増えている梅毒を検査する保健所もあります。
淋病を調べることもでき、それぞれホームページなどでどの性病の検査ができるかを公表しています。
検査の結果は即日といって調べたその日のうちに分かるものと、2週間ほどの検査期間が必要なものに分けられます。
検査はいつでも行っているというものではなく、平日の午前や午後に行われています。
1か月に1~2回ほどしか性病の検査を実施していない保健所も多いので、あらかじめ日時を調べてから行くようにしましょう。
受けるのは誰でも無料で受けることができます。
また、保健所によっては予約制のところも多いです。
電話などで予約しなければ受けることもできないので、確認が必要です。
仕事などで平日の昼間に行くことが難しい人のために、夜間に受け付けているところもあります。
性病の疑いがあるときは無料で受けられるので便利ですが、日時が限定してしまったり、薬などは出してもらうことができないので注意しましょう。
匿名で受けられ、結果などのプライバシーは守られるので他の人にばれてしまうという危険性はありません。