トリコモナスの治療は内服薬フラジールで行う

トリコモナス症の主な感染経路は性行為です。
しかし、感染者と性行為をしなくても日常生活の中に感染経路が潜んでいる可能性もあります。
感染者が使ったタオルを使った場合や同じお風呂に入った場合などは感染のリスクが高まるので注意が必要です。
トリコモナス症の治療にはどのような薬を使うのか知りたいという人もいるでしょう。
トリコモナス症の治療薬は薬局やドラッグストアなどでは販売されていないため、病院で処方してもらう必要があります。
トリコモナス症の感染が疑われる場合、性病科や泌尿器科、婦人科、産婦人科などを受診しましょう。
陰部の痒みや尿道の痛みなど性器周辺に気になる症状がある場合、できるだけ早めに診断を受けることが大切です。
妊娠している女性は産婦人科を受診するのが良く、お腹に赤ちゃんがいても安心して治療を受けることができます。
トリコモナス症にかかった場合、病院ではフラジールという薬が処方されることが多いです。
この薬には経口薬タイプと膣錠タイプがあるため、それぞれの特徴や使い方をきちんと知っておくと良いでしょう。
フラジールは内服錠でも膣錠でも10日間使用することになります。
内服錠は1日に2錠を服用し、膣錠は1日に1錠を膣に入れるという使い方です。
処方された時に詳しい使用方法や使用するタイミングなどを確認しておくことがポイントです。
10日間フラジールで治療をしても症状が改善しないという場合、ドクターに相談してみましょう。
膣錠なら最長で14日間まで治療を続けることができます。
内服錠の場合は効果が出なかった場合でも10日間で一度服用を中止します。
自己判断で治療を続けると副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。
治療を再開する場合は1週間空けてから服用し始めることが大切です。
なぜフラジールでトリコモナス症の治療ができるのかということですが、これは有効成分であるメトロニダゾールの作用によるものです。
このメトロニダゾールはトリコモナス原虫の中に入り込むことにより、そのDNAを切断するという作用があるのです。
妊娠中や授乳中は副作用のリスクが高まるため、治療には注意しましょう。

フラジールを入手する方法とは?

フラジールは医療用医薬品に分類されており、薬局やドラッグストアなどでは販売することができません。
トリコモナス症のためにこの薬を手に入れたいという場合、病院を受診してドクターの診察を受け、処方してもらう必要があります。
健康保険が適用されるため、値段についてはそこまで高くありません。
1000円未満で入手することができますし、他の性病の薬と比較しても値段は安いと言えるでしょう。
病院を受診すればドクターの診察が受けられるという安心感があります。
しかし、薬を処方してもらうためにはデリケートゾーンをドクターに見せる必要がありますし、恥ずかしいという人も多いでしょう。
また、わざわざ病院に行くのが面倒だという人や忙しくてなかなか病院に行けないという人もいるかもしれません。
さらに、近所の病院の場合は知り合いにバレてしまうという可能性も考えられます。
誰にも知られることなくトリコモナス症の治療をしたいという場合、通販サイトを利用してフラジールを購入すると良いでしょう。
通販サイトなら自宅にいながら薬を手に入れることができますし、ドクターの診察を受ける手間もかかりません。
フラジールは日本では処方箋が必要な薬ですが、海外では処方箋なしで購入することができます。
そのため海外の薬を取り扱っている個人輸入代行サイトを利用すると良いでしょう。
個人輸入といっても難しいものではありませんし、一般的な通販サイトと同じように利用することができます。
また、個人で利用するのが目的なら違法ではありませんし、日本でも認められています。
海外の医薬品と言っても成分や効果などは日本で販売されているものと変わりません。
そのため安心して使用することができます。