咽頭クラミジアは男女共に感染します

男性も女性も感染してしまう恐れのある性病の一つとして性交時などには特に注意したい病気の一つが咽頭クラミジアという病気になります。
咽頭クラミジアとはクラミジア菌が喉の奥にある粘膜に感染することで発症してしまう病気であり、主な感染経路は生殖器や直腸などの粘膜となっています。
主にフェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスをした場合に感染するケースが多く、男性でも女性でも性別に関係なく感染するため、お互いにオーラルセックスをする場合には特に注意する必要があります。
なおオーラルセックス以外でも精液や膣内の分泌液が付着した手で目や鼻などの粘膜に触れることで咽頭クラミジアに感染してしまう恐れもある点に注意が必要です。
なぜ精液や膣内の分泌液が付着した手で目や鼻などを触るだけで感染してしまうかといいますと、涙の管や鼻の管などの器官が咽頭とつながっていることに起因しています。
性病に感染している精液や膣内の分泌液と粘膜が接触してしまった場合にはあらゆる感染経路から性病に感染してしまうリスクがあることを覚えておくと良いでしょう。
咽頭クラミジアの恐ろしい点はフェラチオをすることが多い女性特有の病気だと考えられがちだということです。
確かに咽頭クラミジアに感染するのは男性よりも女性の方が多いのですが、クンニリングスをした場合には当然ながら男性にも感染してしまいますし、フェラチオからの感染を防ぐためにはコンドームを着用すれば良いのですが、クンニリングスからの感染を防ぐための手段はほとんどないと言っても過言ではないため、実は男性の方が気をつけるべき病気なのです。
なお咽頭クラミジアはオーラルセックスでは感染しますが、厚生労働省の報告によるとキスでは感染しないので直ちにパートナーに感染してしまうリスクは低いと考えられます。
ディープキスをした場合には感染してしまうのではないかと考える人は多いでしょうが、咽頭クラミジアは感染力が低くディープキスでは感染しないという報告があるので、感染後もキスをするのは大丈夫です。

咽頭クラミジアの症状と予防について

咽頭クラミジアの初期症状は風邪非常によく似ていて、早期発見が難しい病気でもあります。
主な初期症状として挙げられるのが、のどの痛みや咳や痰がいつもよりも多く出るようになったり、鼻水や鼻詰まりといった症状になります。
また咽頭クラミジアが発症するまでの潜伏期間は概ね1週間から3週間軽度となっているので、もしも咽頭クラミジアに感染してしまった場合には、その原因は1か月以内に行なった性行為が感染経路となっている可能性が高いといえます。
なお咽頭クラミジアになる場合、高確率で同時にペニスや膣もクラミジアに感染しているという実例があります。
のどの痛みや違和感とともにペニスや膣にも違和感を感じた場合には同時にクラミジアに感染しているかどうか病院で診てもらうことで咽頭クラミジアは早期発見することができます。
早期発見ができ適切な治療を行った場合にはのどの痛みや違和感や鼻水などの症状で治まることが多いのですが、適切な治療をせずに放置してしまった場合には難聴になってしまうなどの重症化の恐れもあるので放置は厳禁といえます。
なお咽頭クラミジアの感染しないための最も効果的な予防方法がオーラルセックスをしないことになります。
咽頭クラミジアの感染経路はほとんどがオーラルセックスであるためフェラチオやクンニリングスをしないことが一番の予防策なのです。
もしもフェラチオなどをする場合にはコンドームを着用してペニスとのどの粘膜が触れないように気をつけることが重要になります。
また精液や膣内の分泌液が付着した手でむやみに目や鼻などの粘膜に触れないようにすることも大切な予防方法といえます。
性行為がする場合にはその他の性病を予防するためにも確実にコンドームを着用するのが良いでしょう。